機械式時計の手入れは外と中で別に考えよう

外装の手入れは軽く行なう程度で十分です

ベルトや盤面など外装の手入れは、柔らかい布で拭く程度で十分と言われています。余りにも汚れが酷い場合には、材質に合わせてベルト部分を取り外した洗浄も可能ですが、ベルト部分は材質次第では消耗品として割り切った考え方をすることも可能です。金属製ベルトは耐久性が高いですが、革製ベルトは修理に出すことが難しいケースもあるからです。

生活習慣が内部の日常メンテナンス

機械式時計にとって大切なことは、内部のゼンマイを毎日一定ペースで巻くことにあります。高級な機械式時計では、巻きすぎ防止機能が付いているので、あまり巻きすぎを警戒する必要はありませんが、安価な機械式時計では巻きすぎるとゼンマイが切れてしまうので要注意です。機械式時計にとって自動巻きであっても、身に付けて日常動作をしなければ巻きが不足して止まってしまいがちです。止まって動いてを繰り返すことは、機械式時計にとって良いことではありません。毎日一定ペースで巻き上げ、止めずに安定して動かすことが大切です。

オーバーホールは必ず定期的に行なう

機械式時計を持ち続けるためには、数年ごとに必要となるオーバーホール作業を忘れずに時計職人へ依頼しましょう。クオーツ時計とは異なり、電池を使っていないので、内部のゼンマイが解ける力のみで駆動しています。注油された潤滑油が劣化する周期が4年程度と言われているので、3年から4年に1度は全ての部品を分解し、摩耗によって潤滑油に混ざった微細な金属片を取り除いて、再度注油するオーバーホールを続けることが何より重要です。

パテックフィリップとは世界三大高級時計メーカーの一つです。オークションに出品された製品を買い戻すなどしてブランドのイメージを維持しています。