壁面緑化でエコ!緑を増やすことで得られる3つのメリット

電気代の削減効果がある

壁面緑化を行うと、直射日光が直接建物に当たらなくなります。壁面にワイヤーなどを張り、そこに枝を伸ばす植物が全て光を吸収する役割を果たすのです。その結果、夏場の暑い時期であっても、室温が上昇しにくくなるというメリットがあります。さらに水分を含んでいる植物はその水分を気化させることで温度を下げる働きもしてくれます。夏は室温が上昇しにくくなればエアコンの使用頻度や使用温度が下がりますので、電気代の削減に繋がります。冬もその水分で乾燥を防いでくれますので、加湿器などの使用頻度を減らすことも可能です。

建物を保護する役割もある

建物の外壁は、紫外線や風雨によってダメージを受けていきます。その壁面のさらに外側に植物をはわすことになりますので、紫外線や風雨のダメージが直接壁面に当たらなくなりますので、外壁の寿命を延ばす効果が期待できます。しかし外壁の寿命を延ばすためには、きちんと壁面緑化が行われていることが条件です。植物の根や枝が壁面に絡みつくようになると逆に寿命を縮めてしまう可能性があります。その点も考慮して壁面緑化を行える業者を選ぶようにすると良いでしょう。

助成金が出ることがある

壁面緑化は地球の温暖化を防ぐものとして、特に都会ではヒートアイランド現象を抑制するものとして注目を集めています。そのため、住んでいる自治体によっては壁面緑化や屋上緑化を行うことで助成金が出ることもありますので、電気代の削減と含めて経済面でのメリットも大きいといえます。

壁面緑化は、環境保護や省エネルギー社会を実現することを目標として推し進められてきました。緑化を意識することで、エコにもつながります。