常にきれいなメガネをかけていたい方のための洗い方講座

メガネのレンズを傷つけずにきれいにする方法とは?

メガネを拭いたらレンズに傷が付いてしまったという経験のある方も多いのではないでしょうか。これは拭くことによってレンズに付いている小さな埃などを擦りつけてしまうことで生じる傷です。目に見えないような傷であっても、何度も同じことを繰り返しているとレンズへのダメージはどんどん蓄積していってしまうので注意が必要です。
乾拭きではなく、水洗いをした後で拭くようにするといいでしょう。この時、跡が残らないように水分をきちんと拭き取ることも大切です。

レンズの油汚れはどうやって落とす?

メガネのレンズに油汚れなどが付いてしまった場合、水洗いをしただけでは中々落ちません。そんな時に役に立つのが中性洗剤です。キッチンで食器洗い用に使っているもので問題ありません。ただし、中性洗剤以外の洗剤はレンズを傷付ける恐れがあるのでご法度です。
洗剤をレンズに少し垂らし、指で優しく洗って水で流して下さい。寒い季節などはついお湯を使いたくなってしまうかもしれませんが、レンズ表面のコーティングが剥がれるなどの損傷の原因となりうるため必ず水を使いましょう。

レンズだけじゃなく鼻当てもきれいにしよう!

メガネを使っていて汚れるのはレンズだけではありません。特に鼻当ては、常に皮膚に接した状態にあるため汚れが突きやすいです。そのままにしておくと他人にもあまり良い印象を与えないので、こまめに洗った方がいいですね。
使うのはやはり中性洗剤です。また、レンズと違ってある程度強く擦っても問題ないため、ナイロン製の歯ブラシを使うといいでしょう。

メガネの通販は度数が分かっていれば、度ありのメガネを購入することも可能なので、忙しくて店舗に行けない方に人気があります。