ちょっと手がかかるところがまた可愛い!?機械式時計の魅力

存在感はピカイチです!

機械式時計は、ゼンマイで動いているのでなんだか温かみが感じられ、外してから時間がたつと止まってしまう少しめんどくさいところが逆に愛着がわいたりもしませんか?文字盤がなく内部のからくりが丸見えになっているタイプや、文字盤の一部がくりぬかれていてゼンマイ部がタイプになっていたりと、電池式時計にはない’ぬくもり’を感じられるデザインのものが多いのが特徴です。精密な部品がたくさん組み込まれているので、ずっしりと重たく重厚感のあるデザインのものが多く、その存在感は抜群です。高級時計には機械式時計が多い事もあり、きちんとした正装にもプライベートの遊び用にも使え、一つ持っていると重宝できるのでお勧めです。ぜひ、飛び切りお気に入りのデザインのものを見つけて、ファッションのいいスパイスとして取り入れられたらいいですね。

壊れやすい?お手入れ次第で何十年も生きられます!

機械式時計のお手入れとしては、購入したお店で定期的に’オーバーホール’してもらい、清掃や調整などをすることが必要になります。電池式時計に比べて部品が繊細なので、こまめに点検してもらった方が長く使用することができます。例えば防水性となっていても、長年使えば中の金属部品が錆びたり劣化したりすることもあるので、必要であれば部品の交換をしてもらうことで、故障の原因を取り除くことができます。価格は安くはありませんが、せっかくのお気に入りの時計、ずっと使っていきたいですよね。電池式時計と比べて、お手入れを定期的にきちんとしていれば、何十年単位で使うことができるので、我が子にプレゼントすることだってできます。長持ちさせられるよう、可愛がってあげてください。

ウブロは、最近ではヨーロッパのサッカーチームとパートナーシップを結ぶなどして世界的に有名となった宝石のブランドです。腕時計やジュエリーが有名ですが、靴なども販売していて、幅広く活躍するブランドです。