ローソファにすることで生まれる大きなメリット3選

冬場の必須アイテムであるコタツが使える

大昔から日本の冬場を支えてきた「コタツ」ですが、ソファが基本である洋間が増えたことによってコタツの利用者は減りつつあります。ソファではコタツを使うのは難しいですからね。

しかし、座面の低いローソファであればコタツを利用することが可能です。ローソファ専用のコタツテーブルというものも販売されていますし、高さが10cm程度のローソファであれば和室で利用していたコタツをそのまま利用することもできるんです。

ソファなのに和室にも馴染みやすい

本来ソファというものは日本で誕生した家具ではないので、どうしても和室に合うデザインのものというのは少なくなってきてしまいます。また、畳の部屋にソファを置くとなると重みで畳を駄目にしてしまうこともあるでしょう。

しかし、ローソファであれば和室用としてデザインされた商品もありますし、座面の高いずっしりとしたソファよりも重量も非常に軽い設計になっていますので気軽に和室に置くことが可能となっています。

座面の高いソファより体勢を崩しやすい

「リラックスする」という観点から見ると、座面の高いソファよりローソファの方が向いています。

座面の高いソファに深く腰かけると、正しい姿勢で座れますね。座るという目的は果たせていますので、それでリラックスと言えばリラックスなのですが、ローソファは”よりリラックスして座れる設計”になっています。

由佳との距離が近いため、足を投げ出して横になるような姿勢も撮れますし、座面の高いソファでは床に足がつかない方ももっとゆったりとくつろぐことが可能です。

ローソファとは、高さが低いソファーのことです。部屋全体が広く見え、座椅子のようにゆったりと座れるのが特徴です。